TOP > 徳永圭 > その名もエスペランサ

ソノナモエスペランサその名もエスペランサ

徳永圭

目指すは「派遣のプロ」。しかし今度の職場もハズレ……? ボイルドエッグズ新人賞作家が放つ、お仕事小説より深い「生き方小説」。

本郷苑子29歳、黒縁めがね、生マジメ、独り暮らし、日課は通い猫のエサやり。前の職場で受難、三ヶ月ぶりの新たな派遣先は……英文事務のはずが、作業服で部品係とトラブル処理班も兼務、しかもチャラ男に仙人、いびりの鬼がいた。こんなエンジン工場から「希望」は生まれるのか? 大注目『片桐酒店の副業』の新鋭の傑作長篇。

配信開始日
2014-09-12
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 1,496円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)

※アンドロイドOSのスマートフォンをご利用の方は、キャリア(携帯電話会社)ごとに以下のアプリを起動してご購入になることも可能です。
docomodmarket
auLISMO Book Store
softbankソフトバンク ブックストア

Kindle


kobo


Reader


PC


徳永圭トクナガケイ

1982年愛知県生まれ。京都大学総合人間学部卒業。メーカー等の勤務を経て、2011年『をとめ模様、スパイ日和』で第12回ボイルドエッグズ新人賞を受賞し、作家デビューを飾る。長篇第二作『片桐酒店の副業』は「人間ドラマをエンタメに仕立てつつ細やかな機微まであぶりだす。この著者、ただものではない」(今井麻タ美さん、紀伊國屋書店新宿本店)「文章から滲み出る苦味と渋み、読後の清涼感は新人作家とは思えぬハードボイルド」(平野高丸さん、紀伊國屋書店前橋店)など好評を博す。新鋭ながら大型の女性作家。