TOP > 品田悦一 > 斎藤茂吉 異形の短歌

サイトウモキチイギョウノタンカ斎藤茂吉 異形の短歌

品田悦一

とても変なのに、たまらなく面白い! 茂吉短歌の怪物的魅力を読み解く。

茂吉の短歌は素朴なリアリズムではけっして理解できない。その本質は大胆な造語、文法からの逸脱、日常がそのまま非日常と化してしまう異様な写生術にこそある。にもかかわらず、代表作「死にたまふ母」が現代国語の定番教材となったのはなぜか。茂吉ワールドの謎を、教科書的鑑賞から遠く離れて、平易かつ精緻に解き明かす。

配信開始日
2014-08-29
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 1,144円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)

※アンドロイドOSのスマートフォンをご利用の方は、キャリア(携帯電話会社)ごとに以下のアプリを起動してご購入になることも可能です。
docomodmarket
auLISMO Book Store
softbankソフトバンク ブックストア

Kindle


kobo


Reader


PC


品田悦一シナダヨシカズ

1959年群馬県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得修了。現在、東京大学教授(大学院総合文化研究科)。著書に『万葉集の発明――国民国家と文化装置としての古典』(新曜社)、『斎藤茂吉―あかあかと一本の道とほりたり―』(ミネルヴァ書房)があり、共著に『古典日本語の世界――漢字がつくる日本』(東京大学出版会)などがある。