TOP > 塩野七生Ronald DoreSteven Wills > The End of the Roman World - The Story of the Roman People vol. XV

The End of the Roman World - The Story of the Roman People15The End of the Roman World - The Story of the Roman People vol. XV

塩野七生著/Ronald Dore訳/Steven Wills

According to textbooks, the western half of the Roman Empire came to an end in 476 AD, while the eastern part lived on until 1453. But is it really possible to pinpoint the exact moment―or moments―when the once mighty empire that spread its civilization to the Mediterranean World vanished into oblivion? In the final volume of Nanami Shiono’s magnum opus, an unprecedented 1,300-year history of the rise and fall of Rome seen through Asian eyes, we bid farewell to the Eternal City one last time. *CONTENTS*/Introduction/Chapter One: The Last Roman/Chapter Two: The Fall of the Roman Empire/Chapter Three: Post Imperium/To Readers/Appendix I: Changes in the Roman Empire seen through its coins/Appendix II: The Romans’ basic morals (mores maiorum)/Appendix III: Rise and Fall of the Byzantine Empire/Chronology/References/About the Series and Author

配信開始日
2016-11-01
対応端末
  • Kindle

None 1,620円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

Kindle


塩野七生シオノナナミ

1937年7月、東京に生れる。学習院大学文学部哲学科卒業後、1963年から1968年にかけて、イタリアに遊びつつ学んだ。1968年に執筆活動を開始し、「ルネサンスの女たち」を「中央公論」誌に発表。初めての書下ろし長編『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』により1970年度毎日出版文化賞を受賞。この年からイタリアに住む。1982年、『海の都の物語』によりサントリー学芸賞。1983年、菊池寛賞。1992年より、ローマ帝国興亡の歴史を描く「ローマ人の物語」にとりくみ、一年に一作のペースで執筆。1993年、『ローマ人の物語I』により新潮学芸賞。1999年、司馬遼太郎賞。2001年、『塩野七生ルネサンス著作集』全7巻を刊行。2002年、イタリア政府より国家功労勲章を授与される。2006年、「ローマ人の物語」第XV巻を刊行し、同シリーズ完結。2007年、文化功労者に選ばれる。2008-2009年に『ローマ亡き後の地中海世界』(上・下)を刊行。2011年、「十字軍物語」シリーズ全4冊が完結。2013年末、『皇帝フリードリッヒ二世の生涯』(上・下)を刊行。【塩野七生公式webサイト(英文) :http://nanamishiono.com/】

Ronald DoreRonald Dore

Steven WillsSteven Wills