TOP > 塩野七生Ronald DoreJohn McCalebZal Heiwa SethnaSteven Wills > A Victor in Disarray - The Story of the Roman People vol. III

A Victor in Disarray - The Story of the Roman People03A Victor in Disarray - The Story of the Roman People vol. III

塩野七生著/Ronald Dore訳/John McCaleb訳/Zal Heiwa Sethna訳/Steven Wills

The Roman people emerged from the Punic Wars as masters of the Mediterranean, only to find themselves plunged headlong into a century of stagnation and turmoil… And this time their enemy lies within! A Victor in Disarray tells the story of the ambitious young men who set Rome on a new course at this critical juncture in its history: the Gracchi brothers, Tiberius and Gaius, who challenged the power of the aristocracy on behalf of the people, and the great political reformers Gaius Marius and Lucius Cornelius Sulla. *CONTENTS* Introduction/Chapter One: The Age of the Gracchi/Chapter Two: The Age of Marius and Sulla/Chapter Three: The Age of Pompey/Chronology/References/About the Series and Author

配信開始日
2014-06-20
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • Reader
  • PC

None 972円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)


Kindle


Reader


PC


塩野七生シオノナナミ

1937年7月、東京に生れる。学習院大学文学部哲学科卒業後、1963年から1968年にかけて、イタリアに遊びつつ学んだ。1968年に執筆活動を開始し、「ルネサンスの女たち」を「中央公論」誌に発表。初めての書下ろし長編『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』により1970年度毎日出版文化賞を受賞。この年からイタリアに住む。1982年、『海の都の物語』によりサントリー学芸賞。1983年、菊池寛賞。1992年より、ローマ帝国興亡の歴史を描く「ローマ人の物語」にとりくみ、一年に一作のペースで執筆。1993年、『ローマ人の物語I』により新潮学芸賞。1999年、司馬遼太郎賞。2001年、『塩野七生ルネサンス著作集』全7巻を刊行。2002年、イタリア政府より国家功労勲章を授与される。2006年、「ローマ人の物語」第XV巻を刊行し、同シリーズ完結。2007年、文化功労者に選ばれる。2008-2009年に『ローマ亡き後の地中海世界』(上・下)を刊行。2011年、「十字軍物語」シリーズ全4冊が完結。2013年末、『皇帝フリードリッヒ二世の生涯』(上・下)を刊行。【塩野七生公式webサイト(英文) :http://nanamishiono.com/】

Ronald DoreRonald Dore

John McCalebJohn McCaleb

Zal Heiwa SethnaZal Heiwa Sethna

Steven WillsSteven Wills