TOP > 雛倉さりえ > ジェリー・フィッシュ

ジェリーフィッシュジェリー・フィッシュ

雛倉さりえ

お願い、私の首を絞めて。もっときつく、私を貶めて――。

クラゲ水槽の前で突然交わした、初めてのキス。夏の夜、廃墟と化した植物園での貪るようなセックス。真っ逆さまに、恋と性の狭間にころげ堕ちて行った私たちは、永遠を信じない振りして確かに信じていたんだ――。16歳の圧倒的筆力が突きつける、瑞々しい恋、残酷な生と性。デビュー作でいきなり映画化の超問題作。

配信開始日
2013-12-13
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC

None 1,037円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)

※アンドロイドOSのスマートフォンをご利用の方は、キャリア(携帯電話会社)ごとに以下のアプリを起動してご購入になることも可能です。
docomodmarket
auLISMO Book Store
softbankソフトバンク ブックストア

Kindle


kobo


Reader


PC


雛倉さりえヒナクラサリエ

1995年生まれ。16歳の時に執筆した短編「ジェリー・フィッシュ」が、第11回「女による女のためのR-18文学賞」の最終候補に選ばれる。危うげで美しく、しなやかで脆い少女を描く瑞々しい筆致が話題となる。同作は金子修介監督により映画化された。『ジゼルの叫び』は『ジェリー・フィッシュ』の刊行から4年、待望の2作目。