TOP > 川向正人 > 小布施 まちづくりの奇跡

オブセマチヅクリノキセキ小布施 まちづくりの奇跡

川向正人

景観の修復でまちはよみがえる。

毎年一二〇万人の観光客が訪れる長野県小布施町。この小さなまちの何に、人々は惹きつけられるのか――。そのヒントは、「修景」というまちづくりの手法にあった。伝統的な町並みに固執しすぎない。とはいえ、まちの歴史をまったく無視した再開発でもない。いまあるもの、そこに暮らす人々の思いを大切にしながら、少しずつ景観を修復して、まちをつくってゆく。奇跡ともいわれる小布施流まちづくりを内側から描き出す。

配信開始日
2012-07-27
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC
  • ケータイ

None 660円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)

※アンドロイドOSのスマートフォンをご利用の方は、キャリア(携帯電話会社)ごとに以下のアプリを起動してご購入になることも可能です。
docomodmarket
auLISMO Book Store
softbankソフトバンク ブックストア

Kindle


kobo


Reader


PC


ケータイ

  • NTT docomo
    docomo QR
  • au by KDDI
    au QR
  • SoftBank
    SoftBank QR
川向正人カワムカイマサト

1950(昭和25)年香川県生まれ。現代建築都市研究者。東京理科大学理工学部建築学科教授。1974年東京大学建築学科卒業。ウィーン大学・ウィーン工科大学留学を経て、1981年東京大学大学院博士課程修了。2005年から東京理科大学・小布施町まちづくり研究所所長。