TOP > タン・ロミ > ―日中百年の群像―革命いまだ成らず(上)

ニッチュウヒャクネンノグンゾウカクメイイマダナラズ01―日中百年の群像―革命いまだ成らず(上)

タン・ロミ

死して悔いなし――。二十世紀の黎明、革命に命を懸けた男たちがいた!

孫文、黄興、康有為、宮崎滔天、頭山満……。孤独と忍従、貧困と混乱に堪え、離合集散をくり返しながら革命を志した日中の志士の姿は、『水滸伝』か『三国志』さながらであった。国家の思惑を超え、友情と信義、侠気で結ばれた志士の群像を鮮やかに描き出す。新証言と発掘資料で書き換えられる、驚きの日中近代史。

配信開始日
2012-07-27
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC
  • ケータイ

None 1,408円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)

※アンドロイドOSのスマートフォンをご利用の方は、キャリア(携帯電話会社)ごとに以下のアプリを起動してご購入になることも可能です。
docomodmarket
auLISMO Book Store
softbankソフトバンク ブックストア

Kindle


kobo


Reader


PC


ケータイ

  • NTT docomo
    docomo QR
  • au by KDDI
    au QR
  • SoftBank
    SoftBank QR
タン・ロミタンロミ

作家。東京生まれ。本籍中国広東省。慶應義塾大学文学部卒業。慶應義塾大学講師、中国広東省中山大学講師を経て、元慶應義塾大学訪問教授。『中国共産党を作った13人』『新華僑 老華僑』『日中百年の群像 革命いまだ成らず』『帝都東京を中国革命で歩く』『近代中国への旅』など著書多数。著者の父は、革命運動に参加し、日本へ亡命して早稲田大学に留学。帰国後は国民政府外交部に任官した後、日本に駐在。母方の祖父は日本陸軍中将で、インパール作戦の撤退を指揮した。『戦争前夜―魯迅、蒋介石の愛した日本―』は、百年に及ぶ日本と中国の相克の歴史が自身の血の中に流れている氏にしか書けない物語である。