TOP > 田中慎弥 > 切れた鎖

キレタクサリ切れた鎖

田中慎弥

川端康成文学賞・三島由紀夫賞、はじめてのダブル受賞! 格差社会の片隅から世界を揺さぶる新文学!

海峡の漁村・赤間関を、コンクリの町に変えた桜井の家。昔日の繁栄は去り、一人娘の梅代は、出戻った娘と孫娘の3人で日を過ごす。半島から流れついたようにいつの間にか隣地に建った教会を憎悪しながら……。因習に満ちた共同体の崩壊を描く表題作ほか、変態する甲虫に社会化される自己への懐疑を投影した「蛹」など、ゼロ年代を牽引する若き実力作家の川端賞・三島賞同時受賞作!

配信開始日
2012-02-24
対応端末
  • iOS端末
  • android端末
  • Kindle
  • kobo
  • Reader
  • PC
  • ケータイ

None 400円(税込)

ご購入はこちらから!

※対応端末でお探しください。

iOS端末(iPhone、iPad)


android端末(スマートフォン、多機能端末)

※アンドロイドOSのスマートフォンをご利用の方は、キャリア(携帯電話会社)ごとに以下のアプリを起動してご購入になることも可能です。
docomodmarket
auLISMO Book Store
softbankソフトバンク ブックストア

Kindle


kobo


Reader


PC


ケータイ

  • NTT docomo
    docomo QR
  • au by KDDI
    au QR
  • SoftBank
    SoftBank QR
田中慎弥タナカシンヤ

1972年山口県生れ。山口県立下関中央工業高校卒業。2005年「冷たい水の羊」で新潮新人賞受賞。2008年「蛹」で川端康成文学賞、同年に「蛹」を収録した作品集『切れた鎖』で三島由紀夫賞、2012年「共喰い」で芥川賞受賞。他の著書に『図書準備室』『実験』『神様のいない日本シリーズ』『犬と鴉』『田中慎弥の掌劇場』『夜蜘蛛』『燃える家』、エッセイ集に『これからもそうだ。』がある。