TOP > 著者一覧 > 植松三十里

著書一覧

植松三十里ウエマツミドリ

静岡市出身。東京女子大学史学科卒業後、婦人画報社勤務、七年間の在米生活、建築都市デザイン事務所勤務などを経て、フリーランスのライターに。2003年『桑港にて』で歴史文学賞受賞。2009年『群青 日本海軍の礎を築いた男』で新田次郎文学賞を、『彫残二人』(文庫化時に「命の版木」へ改題)で中山義秀文学賞を受賞。他の作品に『家康の子』『調印の階段』『黒鉄の志士たち』『大正の后』『志士の峠』『雪つもりし朝 二・二六の人々』『かちがらす 幕末を読みきった男』など多数。

1件中 1~1件を表示

1/1ページ

1/1ページ