TOP > 著者一覧 > 宿野かほる

著書一覧

宿野かほるヤドノカホル

2017(平成29)年、書き下ろし長編『ルビンの壺が割れた』でデビュー、世に驚きをもって迎えられる。翌年、AIをテーマとした二作目の小説『はるか』を出版。2020年1月現在に至るまでプロフィールを一切非公表とし、覆面作家として活動する。