TOP > 著者一覧 > ブリア=サヴァラン

著書一覧

ブリア=サヴァランSavarin,Brillat

(1755-1826)ローヌ川近くの裕福な法律家の家に生まれる。ディジョンで法学・化学・医学を学んだ後、故郷で弁護士事務所を開設。1790年フランス革命の勃発とともに代議士となる。革命末期、自分の首に賞金がかけられていることを知り、スイス、オランダを経てアメリカへ亡命、フランス語とバイオリンの教師としてニューヨークなどを渡り歩く。1796年フランスに戻り、1797年司法官の職を得る。その後、死ぬまでパリ控訴裁判所の裁判官を務めた。生涯独身。『美味礼讃』は亡くなる2か月前に出版された。没後、ペール・ラシェーズに埋葬。

1件中 1~1件を表示

1/1ページ

1/1ページ