TOP > 著者一覧 > 末盛千枝子

著書一覧

末盛千枝子スエモリチエコ

1941年東京生まれ。父は彫刻家の舟越保武で、高村光太郎によって「千枝子」と名付けられる。慶應義塾大学卒業後、絵本の出版社である至光社で働く。1986年には絵本『あさ One morning』(舟越カンナ文・井沢洋二 絵)でボローニャ国際児童図書展グランプリを受賞、ニューヨーク・タイムズ年間最優秀絵本にも選ばれた。1988年に株式会社すえもりブックスを立ち上げ、独立。まど・みちおの詩を皇后さまが選・英訳された『THE ANIMALS「どうぶつたち」』や、皇后さまのご講演をまとめた『橋をかける 子供時代の読書の思い出』など、話題作を次々に出版。2010年から岩手県八幡平市に移住し、その地で東日本大震災に遭う。2019年3月現在は、被災した子どもたちに絵本を届ける「3.11絵本プロジェクトいわて」の代表を務めている。著書に『「私」を受け容れて生きる』『人生に大切なことはすべて絵本から教わった』『小さな幸せをひとつひとつ数える』などがある。