TOP > 著者一覧 > 乙川優三郎

著書一覧

乙川優三郎オトカワユウザブロウ

1953(昭和28)年、東京生れ。千葉県立国府台高校卒。1996(平成8)年に『藪燕』でオール讀物新人賞、1997年に『霧の橋』で時代小説大賞、2001年に『五年の梅』で山本周五郎賞、2002年に『生きる』で直木賞、2004年に『武家用心集』で中山義秀文学賞、2005年に『脊梁山脈』で大佛次郎賞をそれぞれ受賞。他の著書に、『蔓の端々』『冬の標』『むこうだんばら亭』『露の玉垣』『闇の華たち』『麗しき花実』『トワイライト・シャッフル』『太陽は気を失う』『ロゴスの市』などがある。