TOP > 波 -E magazine Nami- > 書評・エッセイ

波

書評・エッセイ

畠中恵『おおあたり』刊行記念特集

祝『しゃばけ』ミュージカル化!
『おおあたり 記念版』の謎に迫る

長崎屋奉公人 あゆぞう/おこぐ&鳴家

img_201608_04_1.jpgおこぐ さっき「波」の表紙をちら見しちゃったんだけど、超イケメンが三人も載ってて興奮しちゃった! あゆぞう、誰だか知ってる? しかもどうやら、私たちが登場させていただく号の表紙らしいのよ。
あゆぞう それは間違いなくこの記事が掲載されている「波」の表紙です。あゆぞうも表紙作りのお手伝いをしました。
おこぐ  なら話が早いわ! 誰なのか、さっさと教えてよ!
あゆぞう ......っていうか、知らないんですか? 2017年1月に『しゃばけ』がミュージカル化されるんですが、そのキャストさん達ですよ! 表紙の下から時計回りに、植田圭輔さん、滝川英治さん、藤原祐規さん。「しゃばけ」シリーズの公式HP「バーチャル長崎屋」で告知してるんですけど、ちゃんと見て下さいよ。長崎屋奉公人としてどうなんですか。
おこぐ ごめんごめん、最近忙しくてさぁ。イケメンで賑わっているなとは思っていたんだけど。え、え~と、人気者なの?
あゆぞう お三方ともに、舞台やドラマを中心に活躍する、今をときめく人気者ですよ! ちなみに、おこぐねえさん、〈2.5次元〉って知っています?
おこぐ 2次元と3次元の間!
あゆぞう 間違ってはいませんが、「イラスト・アニメ風2次元の世界と実際の人間・実写による3次元の世界の、何らかの狭間を指す単語」(「ニコニコ大百科」より)と定義されている言葉で、主に、コミック原作のミュージカル化作品を指すことが多く、今、その世界はどんどん広がっているんです。
おこぐ なるほど。私も「テニスの王子様ミュージカル」は知っているよ。「テニミュ」でしょ?
あゆぞう その通り! 「テニミュ」は〈2.5次元〉の代表的存在で、滝川さん、藤原さんも出演されていました。今回の『しゃばけ』のミュージカルもまさに〈2.5次元〉の世界観で上演され、この世界の星になるべく皆でがんばっているのです。そのため今年は、通常版だけではなく、『おおあたり 記念版』も出版したのです!
おこぐ なるほどぉ。記念版はミュージカルとのコラボなのね。
あゆぞう 充実のラインナップです。さぁ、鳴家!
鳴家 中身は、この鳴家博士が紹介するぞ。きゅわ。
スペシャルコンテンツ1 朗読ダウンロードカード
 キャストの三人が『しゃばけ』の第一章「暗夜」を朗読してくれたのだ! ハイカラなシステムで、スマートフォンかパソコンが必要だが、鳴家にも出来たくらいだから簡単だ。カードに記載されているURLにアクセスしてPINコードを入力するだけ! それだけで彼らの美声が聴けるぞ〜。
スペシャルコンテンツ2 コラボ特製ブック
 キャスト三人が和装に変身! 完全撮り下ろしのビジュアルが掲載されているぞ。もちろん、オフショット付き。さらには、「暗夜」も完全収録。朗読を聞きながら、「暗夜」を読むのはいかがかな。きゅわわ。
あゆぞう 鳴家博士、ありがとう! さらに特典として、特製ブックの中のある写真に携帯をかざすと、彼らのAR動画を見れちゃいます。これはもう、特別すぎる~。
おこぐ  カードの三人の写真、超かっこいいね。パスケースに入れて、持ち歩きたいな。
あゆぞう ブックレットもオシャレなデザインなので、カバンの中にいつも忍ばせてください。それではみなさん、どうぞよろしくお願いいたします!

畠中恵『おおあたり 記念版』978-4-10-450722-1