TOP > 波 -E magazine Nami- > 書評・エッセイ

波

書評・エッセイ

コレヲカタリテニホンジンヲセンリツセシメヨヤナギタクニオガイイタカッタコトこれを語りて日本人を戦慄せしめよ―柳田国男が言いたかったこと―

山折哲雄

1,123円(税込)

日本民俗学の母胎となる『遠野物語』の序文に記された激烈な言葉の意味は?

明治末刊行の代表作『遠野物語』に続き、『山の人生』では、さらに山間部の壮絶な人間苦が描かれた。近代を謳歌する当時にあって、柳田は文明から隔てられた過酷な人生に目を向け、そして晩年の『海上の道』では日本文化の根源を大胆に語った。その半生を俯瞰し、新しい学問・民俗学を通した日本人へのメッセージを探る。

ハイカラな本にはロクなものがない

山折哲雄『これを語りて日本人を戦慄せしめよ 柳田国男が言いたかったこと』

山折哲雄

 私は定年を迎えて最後の職場を離れるとき、これからあとは柳田国男と長谷川伸を読んで暮そうと思うようになっていた。二人の全集を手元において、読み直したり、ひろい読みしたりして過そうと、ひそかな楽しみにしていたのである。
 幸いにも、その思いを文章にする機会がめぐってきて、先年、新潮選書から『義理と人情――長谷川伸と日本人のこころ』を出してもらうことができた。それで永年の渇きのようなものが癒されたのであるが、一呼吸おいて、こんどは柳田国男についての文章も書かせてもらい、それがふたたび同じ選書の姿で刊行されることになった。

 ハイカラな本にはロクなものがない。
 柳田国男を読むといい!

 生前の小林秀雄が、ある講演でそういったそうだ。
 そのような言葉をきけば、いまさらのように胸を衝かれる。あらためて、それはそうだなと心から思う。小林秀雄がいおうとしていることに共感しないわけにはいかない。自分なども、ずい分とハイカラな本ばかりを有難がって読んできたからだった。ハイカラ、ハイカラと、その尻ばかりを追いかけてきた自分の姿が思い返される。
 柳田国男というとひまさえあればこの国の村や里や山地を旅して歩いていた。全国どこへでも足をのばし、くまなく歩き回っていたように思う。もちろん海をへだてた島々にも、船にゆられて渡っていった。
 その旅から旅への生活のなかで、疲れたような顔をすこしもみせていないのが、やはり凄い。足腰がよほどしっかりしていたのだろう。部屋にこもってハイカラな本ばかりを読んでいては、とてもああはならなかったにちがいない。その土地土地の、いろんな人びとと出会って話をききだすのが好きだった。無類のきき上手だったのだろう。
 やがて柳田の旅は、スイスのジュネーブまでのびていった。その遠い国への旅のなかで、かれの視線はしだいに高度を上げ、日本列島のぜんたいを眼下に収める展望がひらけていった。さしずめ宇宙衛星から見下ろされる日本列島のイメージが、地球儀をくるくる回すように浮かび上ってきたのではないだろうか。
 中国大陸の南端から、黒潮にのって大海原に漕ぎだしていく人びとの流れがあらわれ、それが沖縄諸島をぬって島伝いに北上し、ついに細長い日本列島へとつづいていく。
「海上の道」の流れ、である。柳田国男がハイカラな世界への道を脱ぎ捨て、終生かけて旅のなかで考えつづけた仮説である。太古の昔、われわれの先祖は、中国大陸を脱出して海をわたり、北上をつづけてついに日本列島を発見したのである、と。
 今日の時点で日本列島を世界にどう位置づけるか、柳田の考え方が新鮮な輝きを放って蘇ってくるのではないだろうか。

 (やまおり・てつお 評論家)

山折哲雄『これを語りて日本人を戦慄せしめよ 柳田国男が言いたかったこと』978-4-10-603743-6